感情の老化

テレビ番組を観ていて「感情の老化」という言葉を知った。

当ブログにも これまで、六兵衛の「老いる」という思いを

あれやこれやと書いてきた。

 


きーポケが以前 作っていた「大衆娯楽小説は文庫本で」というブログの中の
2011年の夏の頃に「さし絵」として掲載していた63作目のカット絵。

 

若い頃と違って、髪も薄く そして白くなり、目も老眼。

見た目は確実に「老い」てきている。

実際 身体のあちこちに ガタもきて、疲れやすくなった。

物忘れも激しいし、だから肉体と認知機能の低下は著しいが

「感情の老化」という発想は これまでなかった。

 

はたして「感情の老化」とは どういう事か 調べてみた。

大雑把にまとめると 次のような症状らしい・・。

『 意欲や気力が低下して会話が減り、空虚な内容になる。

人との関わりを避け、社会性が低下する。

喜怒哀楽の表現が乏しくなり、動きのない表情をする。

他者の気持ちに共感する事も少なくなる・・云々。』

 

これら「感情の老化」の症状に、六兵衛を当てはめてみると

「人との関わり」を避けがちの六兵衛は、「社会性」も少々

低下しているだろうし、だから つれあい以外との「会話」も

確実に減っているが、しかし これらの事は

どちらかと云えば 六兵衛の性格による問題のようで

たしかに 仕事への意欲はなくなったが、「喜怒哀楽」や

六兵衛が好きな事などへの「意欲や気力」は

まだまだ 衰えてはいないと自覚している。

 


きーポケが以前 作っていた「大衆娯楽小説は文庫本で」というブログの中の
2011年の夏の頃に「さし絵」として掲載していた68作目のカット絵。

 

そんなこんなを 当てはめてみたが

六兵衛の「感情の老化」は 今のところ

気にするほどの事でもないようである。

 

「老い」「老い」とこの頃の六兵衛は騒がしいが

だからといって特別「ナーバス」になっているわけではない。

少年から青年に変わる頃に「青春」があるように

壮年から老人へと変わっていく時期を

例えば「老春」とでも呼んでみるか・・。

(「老秋」ではイメージが悪い)

負け惜しみではなく、老いていく良さも

あながち捨てたものでもない・・と思う六兵衛でもある。

 

コメントする