音声検索

隣に座っている つれあいが、何かを言った。

『えっ?・・なんや・』と きーポケが聞き返す。

 

いつ頃から だったか、二人だけの我が家の居間で

ときどき こんなやり取りが起きる・・。

特別 きーポケの耳が聞こえなくなっているわけではない。

 

 

つれあいが「iPad」を使いだして7,8年になる。

2年ほど前に「iPhone」を購入し、その後の日常に

文頭に書いたような、会話とも云えないやり取りが起き始めた。

 

今でこそ きーポケが『何か言った?』と、つれあいに聞き返す事は

その理由が分かってからは 少なくなったものの

以前には そんなやり取りが 頻繁に起きていた。

 

何のことはない つれあいは、「iPad」や「iPhone」に

「音声」での検索をしていたのだった。

 

まぁ きーポケにすれば、隣に座っている つれあいが何か喋れば

きーポケへの話しかけか、声の大きな独り言のように思っても

間違いではないだろう。

 

そんなような 間の抜けたやり取りを、何度も繰り返して

やっと この頃になって、きーポケへの話しかけではない事が

その声のトーンで分かるようになってきた。

 

 

それにしても しかし、きーポケの知らない間に つれあいが

そんなシャレた操作が出来るようになっていたなんて・・。

無機質ともいえる「iPad」や「iPhone」に

何のこだわりもなく あっさりと

語りかけられる つれあいが・・すごい。

 

Appleの「Siri」や Googleの「OK google」等などの

「音声検索アプリ」は沢山あるようだが

きーポケは いまだに音声での検索をしたことがなく

文字入力ばかりの検索なのである。

 

抜けた歯の多い きーポケが喋った言葉を「iPad」や「iPhone」が

まともに理解してくれる自信は無いし

第一、「iPad」や「iPhone」に 語りかける自分を考えると

自分自身で照れくさく思うのである。

 

つれあいは そんな きーポケに云う。

『自意識過剰よ・・』と。

 

あぁ〜、反論  出来ない・・。

 

歯の治療・・その後

昨年の6月頃から 歯医者に通い始めている。

 

何しろ、50年以上も歯医者の世話になることを嫌い

なるに任せてきた その付けが回って

今では まともに噛める歯が、ほとんど ない状態だったから

もう 歯医者先生にすがるしか 他に道はなかった・・のである。

 

今どきの歯医者事情など、まったく知らないきーポケは

多くても20日に1回 程度の予約しか取れない現状に驚いた。

はてさて、このあと 何年 通院すれば治療が終わるのだろう・・

予想もつかない。

 


きーポケが以前 作っていた『大衆娯楽小説は文庫本で』というブログの
2012年の冬の頃に「さし絵」として掲載した91作目のカット絵。

 

それは さておき、歯医者へ治療に通い始める以前から

現在 治療していると”歯”とは別に

少し不安定に グラ付いている ”歯” が1本あった。

いずれ その歯は『抜きましょう・・』と医者に言われているのだが

どうせ抜く歯なら・・と思い

暇があれば 自分の手や舌を使い、”その歯”を自分で抜くための作業

(・・このやり方で これまで きーポケはやってきたのだ・・)

に入ったのが、昨年の暮の頃であった。

 

ギコ ギコ ギコ と、時間をかけて 少しづつ 少しづ動かしながら

新年を迎え、ようやく もう少しで”その歯”が抜けると思える頃に

”その歯”の周りの歯茎が痛くなってきた。

 

だから”その歯”や”その歯茎”を庇いながら

反対側の数少ない歯で、そ〜っと ご飯を食べようとしても

痛くて 痛くて、噛むことも出来ない状態になっていた。

 

次の治療日までには 何とか”その歯”を抜くつもりだったが  叶わず

結局 歯医者に抜いてもらう羽目になってしまった。

 


きーポケが以前 作っていた『大衆娯楽小説は文庫本で』というブログの
2012年の冬の頃に「さし絵」として掲載した94作目のカット絵。

 

まず、痛み止めの麻酔注射をチクッと刺してもらい・・

さぁ!抜いてくれ!!・・と身構えようと する前に

・・えっ?!

抜けてるの・・?!

 

 

きーポケの最初の思惑とは違う工程になったけれど

歯を抜いた その後の痛みも さほどなく

何より 痛くない”歯”で食べる食事の美味しさと喜びを

改めて 噛み締めている きーポケなのである。

 

 

無茶の勘兵衛 第18巻

お待たせしました。 無茶勘 再開!! 第18巻

三年の闘病を潜り抜け、「無茶勘」執筆を再開!

あの感動が よみがえる。

 

物語が途中のまま、4年ちかくも続刊が出版されなかった

二見時代小説文庫の『無茶の勘兵衛日月録シリーズ』だから

もう続巻は出ないのだろう・・と諦めかけていたが

2017年12月に第18巻目となる

『風花の露・無茶の勘兵衛日月録』が 約3年半ぶりに出版された。

最初に記した文言は、第18巻の文庫本の”帯”に書かれていた

キャッチコピーである。

 

 

どうやら 作者の浅黄 斑さんは、長い闘病生活を克服して

再び 創作活動に戻られたようだ。

 

「第17巻・玉響の譜」以来、3年半ぶりに発売されていた

「第18巻・風花の露」の中古本が、昨年の末ころに

やっと中古本らしい価格にまで下がったので購入できた。

しかし、第17巻を読んでから 4年ちかくもの年月が過ぎていて

それまでの内容のほとんどを忘れてしまっている現状である。

だから今回購入した「第18巻」を読む前に

再度「第17巻」を読み直し、物語の大まかな記憶を取り戻す

必要があった。

 

 

江戸時代の初期、徳川家康の次男・結城秀康を祖とする越前福井藩

の支藩・越前大野藩や越後高田藩などの、相続や分藩問題

一族重臣らの権力争い、その上に大和郡山藩の内紛劇へも及び

幕府の大老・酒井忠清の身勝手な権力の横暴 等々

様々な紆余曲折や激しい変転を経ながら

後に「越後騒動」とも呼ばれた大騒動になってしまうのだが

そんな歴史の動きの中で、越前大野藩士・落合勘兵衛の

爽やかな活躍の物語なのである。

 

この小説は、作者自身も認めているように

直接物語の進展には関係のないような「薀蓄話」を随所に挟み

やや横道に逸れてしまいがちになるのだが

それもまた 読者の楽しみの一つとなっていたりする。

 

作者の浅黄 斑さん、無理をせず お身体を労りながら ゆっくりと

「無茶勘」の物語を続けていってもらいたいと 願う・・。

 

初 春

昨夜 孫たちは 南草津へ帰っていった。

孫たちの成長ぶりに、嬉しく 頼もしく・・。

 

日常の日々に戻った今朝、初散歩に出かける。

初 芥川堤道散歩。

 

昨年の秋頃から この堤道を通るたびに見かける釣り人・・。

枯れすすきが風に揺れる中 ひとりたたずみ

何を釣る・・せいぜいが「ハヤ」や「オイカワ」だろうに・・。

 

気持ちよく晴れた青空に・・

 

水鳥が・・・。

今年も 芥川に 感謝!