流行歌謡曲 ?

「流行歌」とか「歌謡曲」とか、今では あまり聞く事も

なくなった この二つの言葉の意味の違いは 何だろうと

フト考えた・・。

 

六兵衛は、夜寝るときの子守唄代わりや、散歩の時のBGMに

昔の古い歌を聴く。

我が六兵衛ブログでも そんな歌の事を、これまで何度も書いて

きているが、「流行歌」と「歌謡曲」の正確な言葉の意味の

違いが分からないまま、適当に使ってきていた。

 

だから、その違いとは何かを ネットで調べてみた・・が

理解力が鈍くなった六兵衛には、その説明を読んでも

今ひとつ その違いが分かりにくいのだ。

「流行歌」と「歌謡曲」を、ネットでの それぞれの説明を

簡単に書けば・・

「流行歌」:ある一時期 広く世間に流布し、多くの人に好まれ

      歌われる歌。

「歌謡曲」:昭和時代に流行した日本のポピュラー音楽の総称。

 

・・という事になるらしいのだが

例えば 六兵衛が、何度 聴いても胸が熱くなる ちあきなおみ

さんが歌う『男の友情』という歌の場合は・・

多くの人に歌われているという意味では「流行歌」だし

昭和時代に流行したポピュラー音楽という意味では「歌謡曲」

という事になる・・。

 ※『男の友情』(高野公男:作詞、船村徹:作曲)は1957年に
青木光一さんの歌で発表されているが、その後 ちあきさんを始め数人の歌手が
カバー曲として歌っている。
しかし、ちあきさんが歌われる『男の友情』が 六兵衛には一番 しみてくる。

 

要するに、六兵衛なりに判断すると・・

六兵衛が いつも聴いている多くの歌々は、「流行歌」でもあり

「歌謡曲」でもあるという事になるようだ・・。

 

・・・という事は

これまで六兵衛が、訳も分からず その場その場で適当に

「流行歌」とか「歌謡曲」とかの言葉を使ってきたのは

決して間違いではなかったという事か・・。

分かったような 分からないような、中途半端な結論だが

今後も 古い歌々の事をブログに書く場合が あるはずだ・・。

その場合に、「流行歌」と「歌謡曲」の どちらの言葉を

使えばいいのか・・と、結局これまでと同じように

迷うことになりそうである・・。

 

もう 迷うのは面倒臭いから、「流行歌」と「歌謡曲」の

二つの言葉を合わせて『流行歌謡曲』との”新語”でも作って

使っていこうか・・。

 

コメントする